幅広い肌トラブルを解決|綺麗になるための手術をしてくれる美容外科

手術内容と種類

女の人

目や鼻、口元、美肌など横浜の美容外科で受けられる手術はたくさんあります。手術内容を理解しておけば、自分に合った手術方法が選びやすくなりますし、不安を解消することができます。見た目が老けて見える原因として、目の下のくまやたるみがあります。眼球は眼窩脂肪という脂肪に守られていますが、この眼窩脂肪が過剰な場合は、下まぶた側に押し出されることになり影ができてくまになってしまいます。また、頬にある皮下脂肪が加齢によって垂れ下がることによって、くまが目立つこともあります。そのため、くまを解消するめには、たるみも解消する必要があるのです。目の下のくまやたるみを解消できる手術は、経結膜脱脂法です。経結膜脱脂法とは、くまの原因となっている目の下の膨らみを減らす治療です。負担が少ない手術なので、初めて整形をするという方でも安心して受けることができます。色素沈着がある場合は、レーザー治療を行ない色素沈着の除去をすることもあります。

横浜の美容整形で人気が高い手術は、目や二重に関する手術です。目を大きくしたい、一重から二重にしたい、という願いを叶えることができます。自然な二重にできる手術法として、埋没法があります。埋没法とは、まぶたの皮膚を糸で留めてラインを作って、二重にするというものです。糸で留めるだけのシンプルな手術なので、10分~30分程度で終わります。また、仕上がりが気に入らない場合は、簡単に元に戻すことができます。ただ、まぶたの皮膚や脂肪が多い場合は、ラインが取れてしまうこともあるので注意したほうが良いです。そういう方に向いている手術が、切開法です。切開法とは、たるみが多いまぶたを切開して、不要な脂肪や筋肉などを切除するというものです。1週間程度は腫れてしまいますが、永久的な二重を手に入れることができます。他にも、目尻の皮膚を切り、引っ張りながら縫合するという目尻切開法もあります。医師としっかり話し合うことで、自分に合った手術法がわかります。横浜の美容外科によって、行なっている手術法は異なりますし、医師によって得意な手術は変わってくるので、事前に確認しておいたほうが良いです。

横浜の美容整形では、目の下のたるみを改善したり、目を大きくしたりする手術以外にもワキガや脱毛なども行なっています。臭いやムダ毛などで悩んでいる場合は、横浜の美容整形に相談してみると良いでしょう。臭いを改善すれば、人間関係を円滑に進めやすいですし、脱毛を行なえば、ムダ毛処理の煩わしさから解放されます。